--’--.--・--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- - TOP
Categorieスポンサー広告

2010’02.02・Tue

一つ言ったら十解れ!

「一つ言ったら十解れ!」

またまた入社当時のおはなし。

カメラアシスタントをしている頃、あるカメラマンに言われた、お叱りの言葉(かな?)です。

なんだと思います??


「カメラマンが一言何かを言ったなら、十個の事を解れ!」ってことなんですけども。

正直、「はあ?」って感じじゃないでしょうか?

「はあ・・(オレは聖徳太子かい?そりゃ無理だろ~)」と、思っておりました。
(聖徳太子のおはなしは、十人の話を同時に聞いて理解したっていう伝記らしいので厳密には違いますが・・)



ところがどっこい!

ある程度の現場経験が増え、成長して来ますと、なるほどな~って想う様になります。

この言葉の意味する処(言わんとしている事)は・・・


察し」と「先読み」 に、なります。



撮影現場でのカメラセッティングは常に時間との勝負を要求されます。
(スケジュール決まってますし・・)

スタンダード(大型)カメラをセットに向かって下手(左手側)からカメラ番号が若い順に並べます。
(1カメが一番若い番号)
※ちなみに役者が立つ舞台上から見たら上手(右手側)から並べるのは、たしか野球のポジションが元になっていたから。だと記憶してます。

その後、遊撃手であるハンディカメラをセッティングしますが、その時にカメラマンと交わした会話。


CA「何処から行きます?」(カメラのポジションは何処ですか?)

CAM「ここ」(手のひらを空中にかざして、カメラのレンズ位置を示す)


たったこれだけの会話でいくつもの事が解ってしまいます。

実際に何を準備するのか?は説明を省きますが、重要な事は・・・

○カメラマンはナニを撮ろうとしているのか?(撮ろうとしている対象はナニか?)
○カメラマンが準備して欲しいことはナニか?(当然カメラは準備しますが、三脚 他、備品など)
○周りの邪魔になっていないか?(他部署との兼ね合いを配慮する)

つまりは、カメラマンの狙い(目的)を「察して」用意しなければならないモノを「先読み」し、先手先手で準備を行うことでカメラマンが画作りに専念出来るようにアシストします。
(だからこそのカメラアシスタントですね)


これがまた、準備に手間取ってしまった日には・・・・・

「早く三脚持ってこーーーい!」 「$%&#%&%&#ーーー!!!」 と、始まってしまいます・・・
 (・_・;) アワワワ・・・

その極め付けが、「一つ言ったら十解れ!」 (`Δ´#)コノヤロ!

ってことなんですよね~ (^^;)
ちなみに。

カメラマンはその上、TD(テクニカルディレクター)の狙いを「察し」

TDは監督(D=ディレクター)の本当に作りたいモノ(狙い)を「察し」

監督はP(番組プロデューサー)の狙いを「察し」ます。

(もちろん、キチンと打合せして意見交換した上で。ってことですよ?)




番組の企画はPなのですが、実際にナニを作るかはDの判断に任せられているので、Pの意図した内容と若干ズレが生じる事も
たまーには有ります。(ホントに、たまに??)

まあ、Dを決めた(雇った)のもPですから、なんとも言い難い処ではあるのでしょうね(^^;)

察します・・・
スポンサーサイト

コメント(0) TOP
Categorie失敗に学ぶ

Next |  Back

comments

Post your Comment













 管理者にだけ表示を許可

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。