2010’05.26・Wed

鏡の教えなの

ウチの会社に「超一流」なVEさんが居ます。




何がスゴイかと言うと、一スタッフの身で在りながら、他の部署はもちろん、プロデューサーにも通じていて、プロデューサー的な判断も理解しているし、役者の立場(マネージャーにも通じています)も理解した上で「現場の全てを判断出来る」くらいの実力が有ります。

「業界人の鑑」の様な方です。

お子さんが生まれてから、ずいぶんと丸くは成りましたが、一昔前は「鬼軍曹」と恐れられるような方でした。


今では全て理解が出来ていますので、大変感謝しておりますが、記事の中で「人格否定」と記述して有る部位は、この鬼軍曹の「鏡の教え」に因るものです。




・・・・・(過去の記憶へ~)



m9( ̄△ ̄#) 「何をするのか判っているのか!?」

(;゜Д゜) 「はい!」



m9( ̄△ ̄#) 「言ってみろ!」

(;゜Д゜) 「〇〇〇で△△△で・・・」



m9( ̄△ ̄#) 「違う!」

(;゜Д゜) 「え・・・??」



m9( ̄△ ̄#) 「ほら!何だ?言ってみろ!」

(;゜Д゜) 「〇〇〇で・・・」



m9( ̄△ ̄#) 「違う!」

(;゜Д゜) 「え~??」



m9( ̄△ ̄#) 「ほら!何だ?言ってみろ!」

(;゜Д゜) 「〇・・・」



m9( ̄△ ̄#) 「違う!」

((( TДT))) 「・・・」



m9( ̄△ ̄#) 「動くな!!」

( TДT) 「・・・」



m9( ̄△ ̄#) 「目をそらすな!!」

( TДT) 「・・・」



・・・・・(記憶の旅、終了!)


はい。この状態に入ると、何を言っても叱られます。

身動き一つしただけでも叱られます。

究極状態では目を泳がせただけでも。


もう、自分が何を言い訳しようとしても怒られてしまう状態です。


そう。「言い訳」なんです。

全て解っている上司からすれば、もう最初の一言目に出た言葉だけで、


続きが「理解出来てしまう」のです。

例えるなら、新聞の「見出し」の様な事でしょうか。


・・・

「言い訳」が「良い訳」無い。

たとえ温和な上司(本当に心根の優しい方です)と言えど、

「言い訳」を続けようとする態度、仕草に堪忍袋の尾が切れ、激怒する訳です。


傍から観ている外野の方は、この「軍隊的」な叱り方を観て(実際に辞める人も多かった)

「鬼軍曹」

と、陰で呼んでいたわけです。



「軍隊的」と言いましたが、本質的には軍隊も一緒です。

軍隊が兵士を厳しく罵倒しながら鍛え上げるのは「戦場で命を落とさない為」に鍛え上げるのです。

USマリーナ・・・だったかな?

沖縄の海兵隊が「エリート」とされているのも、そういう理由です。

一言で現すなら、

「生き残る術に長けた者達」

だからです。「命の術」を磨いた、「男の中の男」だからですね。


・・・


「男の中の男」と言えば、日本にもそう言った文化がありますよね。それが・・・

「極道」



「極道」と言うと、映画などの影響かもしれませんが、〇し合いのイメージが強いのでしょうか。

私の父は「誰とでも本音で接する」人でしたので、極道モノとも交流が有りました。

私の、今は無き生家の前には極道の一家が住んで居まして、その方が経営するサウナに親父と一緒に良く行ったものです。
(何故か三兄弟の二男である私だけ。他は嫌がったからだったかな?)

そういうオーナーでしたから、お客は皆、背中に代紋が入っていました。

ママさんは片腕が有りませんでした。オーナーが夫婦ケンカで・・・


幼い私は「ほう。そうなんだ。」と、何も感じなかったです。(変な子供です・・)

極道モノと言えど、「普通の人」なんですよ。

特に会話はしなかったですが、何もしなければ何もされもしない。

当たり前に接していました。


「極道の本質」「盃の意味」親父から教わりました。

極道は一家の者を大切にします。

世の中の「半端者」として弾かれた者でも暖かく迎え入れます。

ただし、そこには究極に厳しい「掟(おきて)」が存在します。

一家を裏切る、親(親分)を裏切る者には、命を代償として払う事に為ります。


・・・


親分さんは本当に優しく厳しい方ばかりだそうです。

キチンと筋を通して「契り(ちぎり)」を交わした仲間通しでは

「おお友よ!」

と、接するそうです。


その間には絶大な「信頼関係」が出来ています。

その間では、

一家も

財産も

我が子も

自分の命(魂)さえも

あづけられる程の。


「おお友よ!」と言えるほどの友を見つける事。


これが「極道」の本質です。

自分の命を全て掛けられる人を見つける。

コレです!



・・・(戯言入ります!カラコロカラコロ・・・)

「大友よ」と書くと判りやすいかもしれません。

「大親友」より上なんです。

親が口出ししても変わらない友情。

親をはぶけるほどの友。

それが「大友」

だと、想います。

・・・(戯言終了!目は超過繁華?)






・・・・・

今の仕事に就いて。

この鬼軍曹だった上司は私を「トモダチ」と呼んで下さいます。

今、私の一番の理解者で在り、仲間です。




いまこそ、「おお友よ!」とハグ出来そうな気がします。


(*^-^*)



↓ GIFT to UN(庵の雲さんへプレゼント)(海兵隊へ。でも可)(2010/6/2湯生き有り)
「超時空世紀オーガス」より「漂流~スカイハリケーン」です。

張り切ってどうぞ~♪






2010/6/2 追記

そういえば、鑑の上司は「シンクロニシティ」を起こす達人でした。

いや、今でもそうだろうな~・・最近御会いしてないけど。


売れっ子(ウチの業界ではスタッフを「芸者」と例える事があります。それが由来かな?)

ですからね~(*^-^*)




2010/6/9 追記

「機甲創世期モスピーダ」よりOPテーマ曲
 ~失われた伝説を求めて~

(漢の歌です~!!いいねいいね~♪)




「機甲創世期モスピーダ」よりEDテーマ曲
 ~ブルー・レイン~

(基地のバーで流れていそうですよね~)

スポンサーサイト

コメント(2) TOP
Categorie失敗に学ぶ

Next |  Back

comments

★はっはっは さんなの♪★  

あー。なるほどな~!!アメリカに居るイタリア系のマフィアもヤクザと一緒みたいな感じなんだそうな。でも、裏切ると、家族、親戚、友達など全員殺されるってらしいから、「こえ~~っ!!」

それにしても、その「鬼軍曹」さん、本当は心のやさしい人なんでは??

投稿日時は~2010年05月27日(木) 07じ20ふん11びょう ですわ♪ | URL | [編集]

さんなの♪★  

いらっしゃいませ♪はっはっはさん!

(^^;)だ~か~ら~

本文で優しいって書いてるじゃないっすか!!!!

究極に厳しく出来る人は、究極に優しいんですよ。本当は。

だから、はっはっはさんの見立て・・・



正解です!!!
(。+・`ω・´)b

投稿日時は~2010年05月27日(木) 10じ21ふん20びょう ですわ♪ | URL | [編集]

Post your Comment













 管理者にだけ表示を許可