--’--.--・--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- - TOP
Categorieスポンサー広告

2010’04.28・Wed

考えることなの

むかーしのことですが・・・

卒業された上司に怒られたことがありました。


「何でも間でも、最初から聞くな!!」 m9( ̄△ ̄#)



・・・


当時は解らなくて、

(;゜Д゜)え~~????

って感じでしたが。


そうだ、友達からも「何で?どうして?」攻撃を食らったっけ。

何を聞いても「何で?」「どうして?」を繰り返す攻撃。

解説してくれましたが、意味の無い事を聞いてくる相手を黙らせる手だとか。


つまり、答えの無い(応えられない)トンチンカンな質問には、

「何でそう思うの?」「どうしてそう思うの?」

と、質問返し(有る意味、会話での反則技)を繰り返すわけです。


これって、昔観た映画の「ウォー・ゲーム」のラストに似ています。

〇×ゲーム(9マスに〇×を交互に入れて行き、3つ並べたら勝ちってゲーム)

をCOMP一人でやらせて、結局どちら(自分と自分)も勝てなくて根負けするっていうラスト。




無理な事は無理。

出来ない事は出来ない。

解らない事は解らない。




そういった「当たり前」の事を解るようになれ!と。

それが映画のラストでした。



ただ、上司の言っていた事って若干違うかな?

「言われた事だけをしているな!」

「何をするべきか考えろ!」

「考えれば解る事だろう!」

と、言っていたような気がします。



「自分として努力しているのか?」

と言う意味に近いかもしれません。

良く揶揄として出ますが、

「言われた事をするだけなら、小学生でも出来る!」

って事かと。



「ちゃんと自分で考えろ!」

「そうしなければ身に付かないだろう!?」

「何をやろうとしているのか、解ってやっているのか?」



そんな事を聞かれていたんだろうなぁ・・・と、思います。



「人は考える〇〇である」だとか、
「我思う。故に我在り」(デカルト?)とか。

そういうことなんだろうな~と、想います。


「人は過去の記憶の蓄積(経験と言う引き出し)から、今を比べて物事を判断している。

何も考えずに言われた事をやっているだけでは、何も身に付かない(引き出しが増えない)だろう?」


と、言う事を伝えたかったのかな~?と想います。

(*^-^*)b


↓ 追記へ(18時頃)

我が国の首相が普天間問題での会談で話した内容を報じたニュースを観ていて思い出しました。

「無理を通せば道理が引っ込む」

権限を振りかざして民意を無視して押し通すようなら、正にことわざ通りになっちゃうな~って。

想いますた~


(;゜Д゜)ァ '`,、'`,、'`,、・・・ハア
スポンサーサイト

コメント(0) TOP
Categorie失敗に学ぶ

Next |  Back

comments

Post your Comment













 管理者にだけ表示を許可

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。