--’--.--・--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- - TOP
Categorieスポンサー広告

2010’04.24・Sat

特性を知る事なの

先日、保守後に他スタジオの営業さんに声を掛けられました。

(・ω・`) 「それ何?」

(  ̄ー ̄) 「これですか?機材に使うグリスです」(缶スプレーのグリス=潤滑油)

(・ω・`) 「そういうのって色々種類が有って良く判らないよね~」

(  ̄ー ̄) 「そうですね~。使用する場所によってさまざまですからね」

(  ̄ー ̄) 「こいつなんかは、加重が掛かる大きいネジに使っています」

(・ω・`) 「どうやって決めているの?」

(  ̄ー ̄) 「裏に有る注意書きを、うーん・・って唸りながら読んで決めます」


・・・・・


話はそれだけだったんですが。

たしかに、そうなんですよね。潤滑油って使う物によってさまざまな種類があります。

有名な物に55-6などがありますが、これを盲目的に使ってしまう傾向を良く見かけます。


以前本社であった事故?で、レールのタイヤ(ウィルホイール)に55-6を使ってしまい、

「中のベアリングに入っているグリスを溶かしてしまっています。使わないで下さい!」

と、メーカーから指摘された事があるそうです。55-6の特性がグリスと合わなかったんですね。


55-6の方は薄い被膜を形成しての「潤滑」や「防錆」、「錆落とし」などが効果としてあります。

一方、グリスの方は、「潤滑」の狙いも有るのですが、主に「摩耗防止」の役割が大きいんですよね。



金属が擦り合う部分は、どうしても金属同士で削り合い、擦り減ってしまいます

そこに比重の大きいグリスを塗布することによって、厚い被膜を形成し、金属の摩耗を防ぐ
「緩衝材」としての役割が大きいんですね。

グリスに色々な種類が有る要因として、他にも「耐熱性」が有ります。


ドリルなどに代表されるような高速回転するもの(車の車軸などもそうですね)

こう言った部位には「耐熱性」が有るグリスを使用します。

それに合わせて「粘度」も考えます。

グリスを入れた事によって、回転が阻害されるようでは、今度はモーターの方に負荷が掛かり、モーターが焼きついてしまいます。(モーターのコイルが焼きついたら、お釈迦=廃棄です。)

そういった、もろもろの条件を加味してグリスを選択しています。


もろもろの条件と一括りに書いちゃいましたが、それは何か?と言いますと

〇使うグリスはどんな物なのか?(どんな特性を持っている素材なのか?)

〇使われる物はどんな物なのか?(使われる部位はどんな条件の箇所なのか?)

と言う事に為ると想います。



どんな物にも使われ方と言うか、意味や目的(狙い)が有って使われています。

通り一辺倒に「コレが良いだろ!」って決めつけることなく、その素材の持ち味を活かして行かなければ、思わぬ失敗をする事があります。(レール事件がそれですね・・)

それぞれのモノや事柄の「特性を知る」事が大事ですよね!

(*^-^*)b


↓ 戯言へ~・・・
しかし、グリスには本当に種類が多い・・・・

裏の説明文にも、使用箇所で重複する部分が多いんですよね・・・

もうちょっと親切な説明に為らないモノでしょうかねえ???


結局、色々と調べてみて、使用実績の有る物とか使用事例を参考にするしかありません。

まあ、使ってみて自分で把握していくしか無いんでしょうかねえ???

(; ̄Д ̄)ダレカ タースケテクレー



追記

ちょいと調べてみましたら、出てきますね~ヽ(´▽`)/

耐熱性、耐水性、耐圧性、等々

大体、耐圧性の良いモノはグリス自体がモッタリと硬かったりしますね~(モリブテン系だとか?)

とりあえず、今回記事になったものは「ウレアグリース」(呉工業製)です。

万能グリスで、長寿命って処が選択のキーでしたかね。

買った店だけでも8~10種類くらいのグリスが有りました( ̄▽ ̄;)ワカンネッテ…

選ぶのに2~30分悩んだかな~(  ̄д ̄;)ゞ ポリポリ
スポンサーサイト

コメント(0) TOP
Categorie事故

Next |  Back

comments

Post your Comment













 管理者にだけ表示を許可

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。