--’--.--・--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- - TOP
Categorieスポンサー広告

2010’04.14・Wed

こすり過ぎなの

本日も現場から御呼び出しが有りました。

電話の内容が

「三脚のネジがキレました!」「使えません!」とのこと。


(^ー^;)「そっか視に行くよ(あ~・・パン棒の取り付けネジか?)」


・・・・・


うん。違った。

使えなくなった原因は、三脚と、上に乗っているフリクションを繋げ留めているネジが摩耗で擦り切れていたのでした。

(;´д` )「・・・(相変わらず状況伝達が下手なのねん)」


んま!気を取り直して!ヽ(´▽`)/ワーイ(←空元気でオッケイ!)

とりあえず対処!ですね。


症状が重要なネジの摩耗(経年劣化)ですので、これは間違いなく「修理出し」(部品交換)になります。

摩耗などの場合、使っていれば必ず起きる事(金属で作って有っても例外はありません)ですので、誰の責任でも無くって単なる「消耗」です。

こう言う場合はスタジオの責任において直ちに対処しなくてはなりません。


まずは条件の検索

〇100φ釜のフリクションが必要。
 案1=他スタジオには在る。スケジュール的にはどうか?
 案2=修理に出す際にメーカーから借りられる代替機を充てに出来るか?
 案3=費用は掛かるが、レンタル会社から借りる?

時間も時間(21時)なので、メーカーとも連絡は取りづらい(24時間対応も有ります)のでメーカーは充てには出来ない。
レンタルは最後の最後。最終手段。(お金掛かるから)

では他スタジオの機器は?・・・空いている!
今日明日をしのげれば現場としては問題無いので、案1で決定!ヽ(´▽`)/やったね!



では・・・対処します!( ̄ー ̄ )ゝビシッ

1・とりあえず物を持ってきて~

2・交換して~

3・「これで大丈夫ですか?」と確認して~

4・スタジオの「本日の作業報告書」に記入して~

5・本社への修理出しに関する報告書書いて~

6・修理依頼先への修理依頼書書いて~(症状をくわしく!)

本日は以上!(。+・`ω・´)v


・・・・・

明日になったら。

1・修理依頼の電話して~

2・代替機を借りられるのか確認して~

3・今後のスタジオスケジュール確認して~(代替が来ない!など、最悪の事態を想定)

もろもろ確認が終わったら。










・・・・・














寝て待つ。 (o_ _)o Zzzzzzzz




メーカーが取りに来たら起きる! ヽ(  ̄д ̄;)ノガバッ!

渡す! (人∀・)ヨロシクネ!


数日経てば見積もりも出るので、費用報告や、記録など。_φ(.. ) カキカキ






・・・こんな仕事してまうす。

ヾ(´▽`;)ゝ

(気楽だよね~・・・)
スポンサーサイト

コメント(0) TOP
Categorie保守知識

Next |  Back

comments

Post your Comment













 管理者にだけ表示を許可

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。