--’--.--・--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- - TOP
Categorieスポンサー広告

2010’04.12・Mon

原因不明?なの

本日は現場からワイヤレスインカムの修理を依頼されました。

今回は原因の特定が難しかった~・・・(; ̄Д ̄)

切り分けすること」の時にも説明しましたが、まずは何が故障の原因か特定します。



(  ̄ー ̄)まずは~

問い・今回の故障とされる現象は?
答え・インカムLD①のトークスイッチを入れると全インカムにノイズ発生。
   うるさくて会話が成立しないので何とかして欲しいとの事でした。

(  ̄ー ̄)それで~?

問い・故障している物は何か?
答え・切り分けて視た所、ヘッドセットを変えたら現象が治まりました。
   よって、このヘッドセットが故障していると推察します。

(  ̄ー ̄)それから?

問い・故障の原因は何か?
答え・わかりませーん (;゜Д゜)









・・・・・ ぷちっ














m9( ̄△ ̄#)バカモーン!!

とっとと調べんかーーーい!!!





(;´д` )はーい






・・・

てなことで、まず考えた事

〇中でショートしている?

・分解してみて、触れていそうな所はないか?検索。特になし。

〇ケーブルの断線?

・ケーブルに特に傷は・・・有った。

しかし、ノイズが出ている状態(使用状態)で触ってみたり、曲げてみたりしたが変化無し。

ケーブル内ショート等の場合は動かすと触れ方が変わったりするので若干なりとも変化が出るのだが、無い。



・・・

(;´д` )判らないなあ・・・

あ、そうそう。重要なこと。

調査をする際は「現象が出ている状態」を維持する事。

ちょっとした状態の変化もヒントに為ったりしますから。

現象が確定的に出続けない物は検証が難しかったりします。

今回は現象が確定しているのだけれど・・・難しいなあ。



・・・・・

しばらく意地っていて(現象維持と意地と弄る。を掛けてみた)気付いた。

コツンと、ほんの少し衝撃を与えただけで、ものすごく大きく響く。

何故だ???( ̄~ ̄;)


前にもあったな・・・こんなこと。

おし!データベース検索! σ(・ω・`;)この事よ?




チュイーン・・チュイーン・・(検索中)




ピキーン!!(判明)



(;゜Д゜)b あ、そだ。別のサブ用ヘッドセットで有ったな。こんな事。


あれは確か、マイクユニット自体が壊れたんだっけ・・・

中で振動板が割れたのか?で、コイルを支えられないのか?良く判らないけど、やはりちょっと触れるだけで、えらい音がバリバリ言ってたよな~。

で、マイクユニットを廃品にしたヘッドセットから移植交換したら治ったっけ。

メーカーじゃないんだから、マイクユニット単体は直せないしね。


・・・


( ̄ー ̄)ニヤリッ
そういうことか!!!











(  ̄ー ̄)ふふふ。解ったようだね。では、

問い・修理する方法は?
答え・マイクユニットの交換です。(´▽`)ゞ ビシッ


・・修理開始!!!

チュイーン・・チュイーン・・(今度は修理の音)


ほい!完成!(*^-^*)v

チェックしてみて~・・・(; ̄Д ̄)ドヤ?



修理完了!(。+・`ω・´)b

おつかれっした!!

やっぱりね「諦めない」事だと想うんですよ。

「人が作りし物」を人が直せない訳が無い。

途中「もういいか。新品出しちゃおうか?」と思ったけれど。

新品を下ろすと言う事は、補充に費用も掛かるわけだしね。


出来る限り、直せる物は直して出費を抑えて行くのが

「保守」

な訳ですよ。


よろしくね~♪

m9(。+・`ω・´)次を継ぐであろう「あなた」に捧ぐ!
スポンサーサイト

コメント(0) TOP
Categorie保守知識

Next |  Back

comments

Post your Comment













 管理者にだけ表示を許可

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。