--’--.--・--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- - TOP
Categorieスポンサー広告

2010’03.28・Sun

機械は正直なの

「機械は正直だよ」

これは、卒業(定年退職ね)された元上司のお言葉です。


「機械ってのは正直だからね。嘘はつかない。人間が触った(操作した)通りの事しかしないから。」

これはどういう意味(状況)で言われているか?と言うと・・・・・



映像(VE=ビデオエンジニア)助手時代。

カメラ調整(撮影前に複数台のカメラを同じ状態にする準備工程)をしている際に手際が悪く、
「おかしいなあ?おかしいなあ?」と、悩んでいたり、あまつさえ、
「何かおかしい(故障してる?)」って言いだしたりした際に言われます。



つまり・・

(自分でおかしくしたんじゃないの?)
(この機械の事解っているの?)
(勉強が足りないんじゃないの?)


と、言う事を暗に言われています。


故障と言うモノはどんな機械でも逃れられないモノですが、本当に故障かどうか?は上司が視ていて判断出来ています。

その上司が故障と判断していない状態な訳ですから。



ものすごく、ぶ厚いオブラートで包んでくれていますが、訳すと・・・

「恥を知れ!」 m9( ̄△ ̄#)

「出直してこい!」 m9( ̄△ ̄#)バカモン!


・・・って事です。(; ̄Д ̄)グハァ




この言葉は保守管理をする上でも大切な教えと成りました。


お客様から「この機械おかしいんだけど?」と聞かれたら?

お客様を疑いたい訳では無いのですが、「疑って」掛かります。


 ○現象は何なのか?(問題とされている事は何か?)

 ○オペレートミスでは無いのか?(知識不足で判断が付いていない可能性は無いか?)

 ○現象は機能の範疇では無いか?(故障なのかどうか?)

 ○一時的な問題では無いか?(突発的で回復可能な現象の可能性は有るか?)

 ○復旧不能ならば、回避方法を提案出来るか?(代替機器の用意などが可能か?)

などを、一通りシミュレートした上で御答えします。




たとえお客様が「おかしい」と言ったとしても、それが事実かどうか?キチンと確認し、検証します。

検証するためには??

誰よりも、その機械を「知っておく」ことですよね。
(*^-^*)b




・・・

管理者を継いだなら。

い~~~~っぱい!勉強 して下さいね~♪

(*‘-^)-☆
 ヨロピコ♪
スポンサーサイト

コメント(0) TOP
Categorie格言

Next |  Back

comments

Post your Comment













 管理者にだけ表示を許可

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。