--’--.--・--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- - TOP
Categorieスポンサー広告

2010’03.10・Wed

色のイメージなの

修理を行なう上で、電線の識別には色のイメージに応じた大体の決まりが有ります。

今回はデータとして電気関係を扱う上での一般的な知識を記載します。



〇AC(DC)ケーブル等の2線式
 ・黒白で判別することが多い。基本的には白がアース側になる。
 ・有色線の場合は色付きが+で、色無しが-(アース)になる。
 ・有色線は赤白や青白など、スピーカーケーブル等に多い。
 ・色付きをホット(H)、色無しをコールド(C)と呼ぶ事もある。
 ・色付きで、例えば赤青の場合は暖色系(ホット系)が+、寒色系(コールド系)が-になる。

〇同軸ケーブル等の2線式
 ・同軸線でのアースはシールド線となる。(◎←断面がこんな感じのケーブルです)
 ・シールド線とは、芯線の周りを覆う網上の線。
  静電シールドを形成し、芯線への電波流入を防ぐ。
 ・被服の色で信号の種類を識別する事が多い(各局ごとに規定が有ります)

例 (あくまで例ですので、各スタジオ規定は調べること。)
 ○赤=BB(ブラックバースト信号)
 ○紫=HD-SDI(ハイビジョン用デジタル信号)緑の場合も多い。
 ○橙=3値SYNC(ハイビジョン対応 同期信号)
 ○白=SD-SDI(デジタルコンポーネントのD1信号)

〇インカムヘッドセット用 4W(4W=フォーワイヤー=4線式)
 ・TH,TC(トークホット,コールド)で2線、RH,RC(レシーブ)で2線を合わせた物
 ・トークはヘッドセットマイクからシステムに向かう信号の+-
 ・レシーブはシステムからイヤホンへ向かう信号の+-
 ・トーク線はおおむね、赤線(+)とシールド線(-)であるが、例外が多い。
 ・レシーブ線はおおむね黒線(+)と白線(-)であるが、例外が多い。

インカム系はその都度調べた方が良いと思われます。下記に実例を記します。

 ○タムラインカム番線(ワイヤレス用SR-30系)
 1=TH 赤線
 2=TC シールド線
 3=NC
 4=NC
 5=RC 黒線
 6=RH 白線
※(NC=ノンコネクション=繋がって無い)

 ○アシダインカム番線(池上カメラ用HRM-808D)
 1=TC シールド線
 2=TH 赤線
 3=RC 黒線
 4=RH 白線

 ○アシダインカム番線(ソニーカメラ用HRM-201D)
 1=TC シールド線
 2=TH 白線
 3=RC 黒線
 4=RH 赤線

・・・

並べて視ると、結構適当だなあ(;´д` )ハア・・



〇多芯ケーブル等の基本的な話(8芯線などは8色になっています)

 多線式の場合は部品(抵抗器 等)で使われているカラーコードを元に番線を決めている事が多いです。

 ・黒=0もしくは1倍
 ・茶=1もしくは10倍
 ・赤=2もしくは100倍
 ・橙=3もしくは1,000倍
 ・黄=4もしくは10,000倍
 ・緑=5もしくは100,000倍
 ・青=6もしくは1,000,000倍
 ・紫=7もしくは10,000,000倍
 ・灰=8もしくは100,000,000倍
 ・白=9もしくは1,000,000,000倍

これを覚えておくと、大体のことで応用出来ます。

音声の4対ケーブル等はこのカラーコードでケーブル番号が判別出来るようになっている物もあります。

暗証番号などを色で表しておくと、何かオシャレな暗号っぽくてイイですよね♪


カラーコードの概念は虹などから来た発想なのかもしれませんね?

虹だと日本では「赤、橙、黄、緑、青、藍、紫」ですね。

照明で使われる色フィルターはこちらの虹的な並びを採用しているようです。おおむね、
「ピンク、レッド、アンバー、イエロー、グリーン、シアン、ブルー、バイオレット」
系になっています。

不思議なもので、一度覚えると数か所忘れても大体の色の流れから想いだせたりします。
これは虹のようなイメージが頭の中に残っているからなんでしょうかねぇ?


自然界で波長の短い光が赤系、逆に波長の長い光が青系になります。

空が青いのは、大気の層を抜けきれなかった波長の長い青成分が乱反射するので青く見えるんだそうです。

地球は丸い為に、夕焼けなど日が沈むときは光が通過する大気の層が厚くなり、波長の短い赤成分も乱反射して見えるようになるので、赤く見えるんだそうです。



いかがでしたでしょうか?

色もイロイロあるけれど、数字と対応させて識別することも多いので、是非覚えてみてください。

多芯線ケーブル修理を行なうのであれば、必須かもしれません。

知らなくても、何とでもやりようはありますけどね~。工夫ですわ♪

ヾ(´▽`;)ゝ テヘヘ
スポンサーサイト

コメント(0) TOP
Categorieデータ

Next |  Back

comments

Post your Comment













 管理者にだけ表示を許可

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。