--’--.--・--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- - TOP
Categorieスポンサー広告

2010’03.01・Mon

予定は未定・・・なの

番組の撮影は事前にスケジュールが組まれています。

ロケーションなどは天候や日照にも左右されますので、急遽中止になることもあります。

私が現場スタッフだった頃、今では笑える事がありました。




 その日は朝から雪だった。

 出発時間が早かった為、ワレワレは前日から本社近くに宿を取り、数名が宿泊していた。

 前日の天気予報では翌日は雪予報。予報は正しかったのだ。


先輩 「本当に今日撮影すると思うか?」

後輩 「無いと思いますよ?」

先輩 「そうだよなー。普通中止だろ。雪降ってるんだぜ?」

先輩 「でも中止の連絡は無いんだよな~・・・」


 ワレワレは雪降る中、淡々と本社に向かった。

 連絡が無い以上、撮影に向かわなければならないからだ。


 本社に着いたワレワレは準備を始めた。

 「トゥルルルル~・・・」鳴り響く電話の音。嫌な予感がした。

先輩 「誰か遅刻か?」

後輩 「いや、全員泊まってましたから。それは無いはずです。」

先輩 「と、いうことは?」

 「ガチャ」先輩は電話に出てみた。

先輩 「はい。はい。解りました。はい・・・」

 一同は固唾を飲んで見守った。

 最悪な予想が的中してしまうのか?誰もが気がかりだった。


 「ガチャ」先輩が電話を切る。


 空気が重かった。誰も言葉を発する事が出来ない。

 沈黙が痛かった。

 おもむろに先輩が場の空気を切り裂いた。

















「今日は中止だ~!!!!」
  

先輩 「ばっかじゃねえの?朝から雪降ってるんだから(撮影)出来るわけねーじゃん!!」
  
先輩 「ったく!何のために泊まったんだか!無駄もいいとこじゃん!」







 その後、ワレワレは社則に則った時間、本社でボ~~っとしていた。

 ここまで来て、中止だからって休日扱いにされては堪ったものではない。 

 皆、何とも言えない心持の中、雪降る道を自宅へと帰路についた。


 

え?話にオチが無いって?

いやいや、キモはそこじゃ無いんですよぅ( ̄~ ̄;)

現場の撮影スタッフというのは有る意味、軍隊に近い物がありまして。

指令部(この場合、制作陣)から連絡が無い限りは、雪が降ろうが槍が降ろうが行かなければ為らない立場だってことなんですね。

現場の撮影スタッフは、この「スケジュール」を基準にして動いています。

が、しかし「予定は未定」と言いまして、突如変わる事や、撮影の進行状況などによって

「押し」=スケジュールより時間が掛かっている事

「巻き」=スケジュールより(もしくは、スケジュールを)早く進めている事

が有ります。


我社の様な撮影技術プロダクションは基本的に「番組を制作する為に雇われている」立場ですので、制作サイド(クライアント側)の決定に従う事に成ります。

・・・

現在、私の立場は某スタジオの機材管理人。

スタジオに各番組の撮影スケジュールは来ますが、必ずしもスケジュールに従うわけではありません。

それは何故か!?を後日解説します!

m9( ̄ー ̄) ビシッ!
スポンサーサイト

コメント(0) TOP
Categorie管理業務

Next |  Back

comments

Post your Comment













 管理者にだけ表示を許可

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。