--’--.--・--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- - TOP
Categorieスポンサー広告

本日は一部スタジオの機材を棚卸をしました。

そのスタジオ機材はオーナーが「(禁則事項です♪)」様なんですね。

そのグループ経営に属している我社も、三月末年度〆になっており、この時期はスタジオ機材棚卸指令が親会社の「(禁則事項です♪)」様より下ります。

先方担当者様より棚卸リストが届き、それに記載されている機材が在るのか?無いのか?(無い場合は廃棄など理由も記載)リスト記載情報との誤差(記入ミスの修正、記載漏れの補填)を行ないます。

各機材には「(禁則事項です♪)」様の機材識別シール(バーコード方式+機材形式などが記載されています)が付いてはいるのですが・・・

ちがうじゃーん! ヽ(`Д´#)ノ

と、言う事が多いです・・・_| ̄|○

現在は「(禁則事項です♪)」様の機材識別シールとは別にスタジオ独自の識別用テプラが各機材単体の前面か、視て読み取れる部位に貼ってあります。
(機材の機器名称やシリアルナンバーは殆どが視えない所に刻印もしくは記載されている事が多い為。オウチのテレビの裏側を視ると判るかと想います。)

ウチの識別用テプラは次のような情報を記載しています。

1-型式(機器単体の正式名称。新規購入時は、この名称で発注する)
2-製造番号(シリアルナンバー。同機器でも各それぞれに別ナンバーが振られている)
3-呼称(スタジオ独自の名称。通常使用時はこちらで識別される)
4-所属(スタジオ名を記載。どこに戻すか?が判る。色でも区分けしている)

現場機器に記載する分としては、これで充分です。

これらは例えば事故が発生して「壊しちゃったよ~・・(´;ω;`)」って言う時に、とりあえず報告書に書かなければイケない情報になります。

データ管理上は他にも保険の有無と期限やら購入金額やら資産状況やら・・・色々ありますが、

「禁則事項です♪」 (*‘-^)-☆

・・・

まあ、それはさておき。

機器管理用テプラを見ながら、棚卸リストに丸印を付けて行きます。

諸藩の事情でテプラが貼れない(すぐ剥がれてしまう、貼る箇所が無い等)機器に関しては目視で確認して行きます。

確認項目は主にシリアルナンバーです。機器自体の型式識別は視れば判るので。
(何の機器か瞬時に判別出来るくらい毎日視ていますからね~・・・)

何故にシリアルか?と言いますと、例えば・・

同じトランプ2セットを混ぜてシャッフルして、スペードのエース2枚並べて、「さあこっちのエースはどちらの箱から出した方か?」なんて聞かれた所で


判るか!( ゜Д゜)ヴォケ!!


・・・ですよね~(; ̄Д ̄)

その点、同じ車やバイクなら、まったくの新品が並んでいたとしても、どっちがどっちだか判別出来てしまうんですよ。

それが、メーカーが機器(機械)を作る際に工場で刻印する
「シリアルナンバー」(製造番号)
ってことです。

スタジオでは同型機器が非常に沢山ある為に、シリアルナンバーで分別、判断することが非常に重要になってきます。

新規で機器を購入した場合も、その機器の個体呼称とそのシリアルナンバーを必ず控えておかないと、後々大変な事になりますよ~!!!ヽ(  ̄д ̄;)ノ

例えば故障した場合に機器の基盤を入れ替えました!と、前日の担当者から引き継がれていても、人の記憶はあいまいなモノで忘れてしまう事もあります。

そんなときは「〇〇の機器から〇〇の基盤、シリアル〇〇〇を・・」とメモして伝えておけば、引き継がれた人が誰であっても確認することが可能です。

まあ、これもひとえに工場の方が全ての機器ごとにシリアルを間違い無く打ってくれているからなんですよね。
ありがたいなあ~ヽ(´▽`)/

・・・・・

人間だったら、まったく同じ(に視える)ことは無いですから、シリアルなんていらないんですけどね・・・


と、思ったら、付けてるかも・・・!?

双子の先に生まれた方(一番手)にお兄ちゃんお姉ちゃん。後に生まれた方(二番手)に弟、妹。

うーん( ̄~ ̄;)??

人間って、者なのに物扱いですか~??



なんてね。ヾ(´▽`;)ゝ

例が極端過ぎますね。
スポンサーサイト

コメント(0) TOP
Categorie管理業務

Next |  Back

comments

Post your Comment













 管理者にだけ表示を許可

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。