--’--.--・--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- - TOP
Categorieスポンサー広告

2010’02.09・Tue

気持ちよく騙す

TV業界を目指すべく、専門学校の学生をしていた頃。演出の先生が仰った言葉です。

「お客さんを気持ちよく騙す」

お客さんとは、もちろん視聴者のことです。
TVを観ているお客様のハート♡を画面に釘付けにし、一時の幸せな夢に魅せ入る事。

・・・・・

業界に入った後、「見切れない」ことはどう言う事か?をA先輩に伺ったことがあります。先輩曰く、

先輩 「視聴者がせっかく夢のような世界に入っているのに、撮影現場が見えてしまっては、現実に引き戻されてしまうだろう?」

先輩 「だからこそ、セットの外が見切れたりすることはダメなのさ」

先輩 「ワレワレは夢を売る商売だからね♪」

・・・・・

「お客さんを気持ちよく騙す」これは何もウチの業界に限った話では無いと想います。

以前、本社の営業部長と話をした際も、こんな例え話をしました。(←営業部長に平社員が物申せる社風です)


わたし 「良い意味で、お客様を気持ち良く騙すってことだと想うんですよ。」

わたし 「これはどんな商売でも言えると想うんですよね」

ぶちょ 「ふんふん」

わたし 「うちの実家が中華料理なのでこういう例え話をしますが・・・」

わたし 「500円のラーメンがあったとします。食べたら、それなりの味。まあ、いいかな?くらいの」

わたし 「ところがコレが1000円だったとすると、お客さんは・・・」


  客(仮) 「え~これで1000円!?高いよ~!!」


わたし 「と、なります。これが1000円でも納得な味で800円だったら・・」


  客(仮) 「え!これで800円!?安いね!!」チャリン(支払いの音)

  店(仮) 「毎度あり~!(ふっふっふっ・・原価200円なんだけどね・・丸儲けや~!)」


わたし 「こんなんでもオッケイだと想うんですよね~。お客様が納得されているのなら。」

ぶちょ 「ふんふん。そうだね~」

・・・・・

こんな話をしました。その後は部長に起きた揉め事を聞くことに・・・なはは(^^;)


「お客さんを気持ちよく騙す」

嘘っちゃ嘘なんですが、良い意味での嘘「嘘も方便」ってことでしょうか。

お客さんの立場。お客さんの気持ちに成り代わって接する、配慮する。

相手を思い遣る心根を持つって処でしょうか?


「寝る子を起こす」のことわざに有るように、気分良く楽しんでいる人を邪魔する事は無い。

って事なのかなぁ?


(  ̄д ̄;)ゞ ポリポリ


↓ 2010/4/2追記を追加しました。

・・・・・

日光に「観猿、言わ猿、聞か猿」ってありますが、諸説有る中の「嘘」というテーマが私の中ではマッチしています。

ただ、ここで言う処の「嘘」は良い意味でも悪い意味でも関係無く、全ての「嘘」と観じます。

偽りを観ない、嘘を言わない、虚言を聞かない・・・そんなかんじ。

そうなると、ウチの原価はいくらです!価格はいくらです!儲け(純利益)はいくらです!と言う事にはなりますね~・・・

株式公開みたいですね。もしかしたら、そういう処を目指ていたのかもしれませんね~?

(´Д`)




2010/4/2追記

あれだね、「満足」だ。言葉が出て来なかったのねん(;´д` )

永遠に続く完璧な「満足」って言うモノでは無くて、一時的な「満足」ではあるけれど。

「満足」して「納得」出来るなら、物事の裏がどうであろうとも、お客様からすると「満足」なんですよね。

ただ、「嘘」をついて騙し、納得したつもりにさせても、バレるんですよね。

誠心誠意尽くして「満足」して頂くと、その姿勢も含めて「納得」出来るんですよね。

人は。
スポンサーサイト

コメント(0) TOP
Categorie格言

Next |  Back

comments

Post your Comment













 管理者にだけ表示を許可

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。