--’--.--・--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- - TOP
Categorieスポンサー広告

今日はお休み扱いなので過去データの転載をしておきます。

実際にメールしたものを名前だけ伏せて・・・



(後輩Y)くんの!リターンスイッチ買い物リストヽ(´▽`)/

○12pin丸型コネクタ 型番:HR10A-10P-12P(ヒロセ製)を作る本数分

○アルミパイプ(外径13mmくらい)1mを10等分して作る。切ってもらった方がいいかも?これも作る本数分

○熱収縮チューブ(住チューブでパイプが入るもの。18φかな?)2本くらい。

○押しボタンスイッチ 型番:LTR1-01(フジソク製)を作る本数分⇒アーケード下の㈲ナリタで購入

○ケーブル 5φ~6φくらいの2芯線。シールドは不要だけど有っても可。
アーケードの大通りに面した九州電気等で購入1本90cm×本数分の長さ(10本なら9m以上)

○トラス頭の3mmネジ パイプ両側から差してケーブルを留めるので作る本数×2。西川電子部品ネジ部等で購入
(パイプの外寸-(ケーブルのφ-2mm))÷2=ネジの長さになります。
例 ケーブル5mmでパイプが13mmなら(13-(5-2))÷2=5だから長さ5mmのネジになります。




買い物は秋葉原で済ませます。

ここで重要なのは

○押しボタンスイッチ 型番:LTR1-01(フジソク製)

これは探した~・・・丁度良い物がどこにも無くって・・・見つけた時は「やったー!」って感じでしたね~♪

最近でも他スタジオ常備のRETスイッチで有るのですが、LINEを視る時に「カチカチ」とスイッチ音がする物が多いです。

音声さんから、「カメラのRETうるさいよ~・・」と苦情が出ることもあります。(ドラマの泣き芝居など、静かな時に)

・・・・・

RETスイッチの音鳴り問題対応策として探し出したのが「型番:LTR1-01(フジソク製)」

これは音がしない!と言える位、静かで「ふにふに」って感じの押し心地です。

まったく同じ形でも「カチカチ」言うタイプもあるので買うときは注意が必要です。

店のマスターに型番を伝えて、必要な数を出してもらうのが良いですね~

品違いの際には、店の責任になりますからね。(←悪どいわ~・・・)

・・・・・

部品がそろったら、あとは作るだけ!

注意点は、ほとんどありませんが、12pinコネクターだと11、12番線がRETになります。

コネクターや番線はRETを挿す(繋げる)レンズによりけりですが、おおむねメーカー毎に決まっています。

RETは5Vの電圧を掛けて2線が繋がると反応するのですが、過去この5V線側がカメラのシャーシに落ちて(短絡=ショート)しまい、RET基盤が故障した事故が有った為に11、12番線を逆転させている処もあります。
(うちの会社がやらかしたのが原因ではあるんですけどね・・・ボソボソ)

5Vを掛けている為、スイッチ間の電圧フィードバックを避ける意味でも、間にセラミックコンデンサー(表記104=0.1μF)を入れると良いのですが、特に無くても大丈夫。


完成!!したら~みんなで「ふにふに」(*○о○)うおぅ♪

ふにふに~♪ふにふに~♪ふにふに~♪ふにふに~♪(←ばっかでーす♪)




・・・・・(用語説明)

○RET
カメラに返って来る「送りかえし」の映像をリターン=RETと言います。RET1は本線が基本

○LINE
スタジオマルチカメラ収録で複数台のカメラが撮っている映像素材をスイッチャーで切り替えながらVTRに収録する形態の時、VTRに入るスイッチャーOUTの映像素材をLINE=本線と呼ぶこともあります(局により若干異なる)

・・・・・

↓秘密のデータへ

参考リンク(レンズ番線表)

http://blog-imgs-42.fc2.com/z/i/n/zinya0829/2010020616130451c.htm
スポンサーサイト

コメント(2) TOP
Categorieデータ

Next |  Back

comments

★眞穂乃 さんなの♪★  BLOG★

営さん こんばんわ★

ブログされていたんですね!

ちらっと拝見させていただきましたyo~♪

お仕事関係の書き込みが多いですか?

仕事バリバリとイキイキとされていていいですね!

難しいことはよくわからないですが、時々遊びに来ますね~(*^^*)ノシ

投稿日時は~2010年02月06日(土) 21じ38ふん24びょう ですわ♪ | URL | [編集]

さんなの♪★  眞穂乃 さま

いらっしゃいませ(=^▽^=)

ここは、いつの日か自分が居なくなっても後に続く後輩のヒントになればな~と思っています。

そんな性質上、業界話が増えるので読みにくいとは想いますが宜しくお願いします。
(なるべく人生のヒントになるような考え方を織り交ぜていきます。なので哲学・思想ランキングに参加しました)

記事を書くきっかけは日々起こったことから思い出す事柄が多いので、カテゴリーで分けるようにしました。

専門用語が多く出ますので判りにくかったら、ご指摘ください~(^^;)

投稿日時は~2010年02月07日(日) 00じ08ふん11びょう ですわ♪ | URL | [編集]

Post your Comment













 管理者にだけ表示を許可

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。