--’--.--・--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- - TOP
Categorieスポンサー広告

2013’09.05・Thu

新作なの♪

先日、副部長から正式な依頼が有り、とあるカメラ用のケーブルを作成する事になりました。
(我が社…というか私オリジナルのケーブルです)

(。+・`ω・´)b


今回作成するのはこんなセットです
製作品概念図
作成のキモと言うか、作成の狙いとしては・・・

〇カメラの設計上、カメラリモート用ケーブルが抜きづらい(カメラアシスタントよりの意見)
〇リモコン側もケーブルが抜きづらい(VEよりの意見)
〇ケーブルを延長したい(カメラ/カメラアシスタントよりの意見)
〇延長するとカメラより供給しているリモコン用電源電圧が落ちる(長くすると電気的に当然なのです)ので、それを切り替えて外部より電源供給したい(副部長よりの意見)

でした。

以上を踏まえて、上の写真にある概念図が完成しました。

・カメラ側は50cmの単純延長
・中間部は単純なJJ(ジャックtoジャック)(カメラケーブルは両端がオスプラグ⇒PPな為)
・リモコン側にはスイッチ切り替え式で外部バッテリーより電源供給可能にする。


・・・・・


タカチと言うケースメーカーのカタログより抜粋したそれぞれのケースサイズやら入れるコネクターのサイズやら配線方法やらを考慮しつつ、設計図を起こします。
各部品設計図



買い物は秋葉原で済ませました。(さすがの品ぞろえ!)
買ってきた素材をパーツとして加工していきます。
ハチ束ケーブル
(ケース加工などはコンマmm単位での戦いで大変細かい為、割愛しました)
(ってか、工作に入り込みすぎて写真撮ってる場合じゃなかったのねん…)(忘れてたとも言う)


コネクタージャックにケーブルを半田付けして行きます。
各ピンに半田付けします


半田付けする際には、各ケーブルをきっちり垂直に付けていく必要があります。
(入らなくなるからね)(これは比較的簡単な方)(マジで!?)(マジっす!)
垂直にしないと入りません


半田付けが済んだら、このヒートガンで
ヒートガンです


熱収縮チューブを掛けていきます。
これは各コネクター間での絶縁と、ケーブルを固定することで折れにくくする働きが見込めます。
それぞれに住チューブを被せます


これをケーブルの数だけ行います。(作例では住チューブを使用)
ハチ芯すべて付けていきます


チューブ掛けが終わったら束線バンドを掛けます。
このように束線バンドを


こうする事により、各端子に接続されたケーブルに掛かる力を「分散」する働きがあります。
束線バンドを付けます
「えっ?なんで!?」と思われるかも知れませんね?
振動や曲げなどで一本の端子に力が加わり折れる事が多々あるのですが、まとめる事により一本ではなく八本(今回は八端子な為)で支えられるようになるのです。(三本の矢みたいな事です)


片側が完成したらケースに納めます(作例はJJの作成時です)
箱に納めます
両端付けちゃったら入れられないですからね。
ヾ(´▽`;)ゝ



・・・・・


こうして、着々と各部品を組み立てて行きます。
全材料
(今回はカメラ6台分の為、これだけあります)


反対側を付けます。この際にコネクターは固定しません。
コネクターを両端に付けます
(理由は後述します)


すでにケースに入っているので、半田付けの際にはケースを手に乗せて行います。
本体を手に乗せます
(弓道の修行法を思い出しました。盃を手に乗せ、落ちないように射るってヤツ)


半田付け他が終わるとこんな感じ。
半田付け完成
ここまで来ると出来たもどーぜん!!!
v( ̄ー ̄)ニヤリッ


このネジでコネクターをケースに留めます。
留めるネジ
コネクター側にネジ山が切ってあるので、ケースの厚みやコネクター側の厚み、ワッシャー、バネ座金などを全て考慮した上で、ネジを適切な長さに切ってあります。
(ボルトカッターに何回転ねじ込んで切るのか?を覚えておいて、全て等間隔に切ります)


片側のコネクターを固定します。
ドライバーは長めの物を使い、やや斜めになってしまうのでネジ山を潰さないよう慎重に回します。
このように止めます


ケースに納めやすいようにケーブルを捻ってから反対側を固定します。
両コネクタが付くとこんな具合
コネクター端子に負荷が掛からない最善のポジションを探ります。


ケーブルをケースに納めて~・・・
ケーブルを箱に納めます


完成です!
JJ6台完成


蓋が開かないようにチューブを掛けます。
住チューブを掛けます
このあと、機器名称やら会社名のシールやらを張りつけましたが~~・・・

割愛させて頂きます!
(まあ一応、秘密ってことでね)





・・・・・

以上で作例は終了です。いかがでしたでしょうか?

これらを作りたい人(必要な人)はカメラ側やリモコン側を見たかったかも知れませんね???


いや~写真撮るの忘れちゃいまして!!!

ヾ(´▽`;)ゝ


工作に没頭すると、入り込んじゃうんですよね~。

カメラ側やリモコン側はJJよりさらに色々な工夫や知恵が詰まっています。

そういった誰に教わる訳でもない知恵や工夫や配慮って、経験の積み重ねから来るカンってか、どこかしらか降ってくるようなモノがありますよね~!?

何気なく見た機械の中身で、それを作った人が「何故そうしたのか!?」が急に理解出来るようになる瞬間ってのがあるんですよ。



ケーブルを束ねるところなんて、まさにそれです。

昔は解らなかった。

今回スパーンと理解出来ました。



不思議なモノです。

゜+。(*´▽`)。+
サンキューベリマッチ♪
スポンサーサイト

コメント(16) TOP
Categorieいろんなコツ

 |TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。