そういえば~不意に思い出しました。

何かって~と、最近報道が増えてきた「いじめ」についての自分の経験談。


小学校、中学校と、やはり「いじめっ子」的な態度で居る子は、居るんですよね。

「いじめっ子」的な態度で居る子は、おとなしめな「標的」を見つけると、何かにつけて突っかかって来て様子を視ます。


「(こいつ行けんじゃね?)」

 (* ̄w ̄)ニヤリッ  (・ω・`;)なに?なに?


ここいらで回避行動(まあ、この時点ではハッキリとした意思表示くらいでOKなの)を取れれば良いのですが、もたついていると標的化します。

私も、おとなしめな方だったので(ホントよ?)大抵、標的になるんですが、何処かで回避していたんです。
そのキーポイントを思い出しました。

なにかって~と~・・・















・・・・・まだ引っ張る?














コホン・・・

私の場合、今のように引き籠り的な生活では無く、子供時分はかなり行動的な方だったので、誰彼構わず遊びに行っちゃう方でした。
ラーメン屋のせがれだった事も有り、出前下げ(どんぶりを受け取りに行く)で知らない人の家に訪問する事に抵抗が無かった事も・・・有ると思います!

そう。
私の場合、その「いじめっ子」的な子の家に「遊びに行っちゃた!」んです。

小中学校の時分には、相手の住所なんてモロ判りですからね~。

相手のアポなんて御構い無しで、突然訪問ですよ。



ピンポ~ン♪ガチャ…

(*^o^)ノ<遊びにきたよ~♪   ハア!?>(○Д○;)



・・・今にして思えば。

そういう子達の家って、何処か寂しさが漂っていたなぁ~。

薄暗い室内。何時まで経っても帰ってこない親御さん。

日が暮れるまで、適当に(ゲームとかやったりして)過ごし・・・


ああ、そういえば逆にこっちの家に来たことも有ったっけ。
まあ、断る理由も無いから、普通に遊んでいたなぁ。


・・・

しばらくすると、何事も無かったかのように無くなっていたな~。

特にツルむ事も無かったから、それっきりって感じで。


何だろうね?やっぱり、どんな行動にも、その人なりの理由が何処か有るんですよね。

その懐に飛び込めれば解決しちゃう事が多々有ると想います。

まあ、しかし。いじめられている当人にしてみれば、それってすごく怖い事なのかも知れんね。

(相手の心の?)ソコに一歩踏み出す勇気が持てれば良いよな~と。

あの世に一歩踏み出す前にさ。



ああ、ブラックな話で・・・

m(* ・`д・´)m <どーも寸摩損!(スンマソン)
スポンサーサイト

コメント(20) TOP
Categorieいろんなコツ

2012’08.30・Thu

目を見ない事なの

そういえば、ふと思い出しました。

高校を卒業する間際、廊下に貼ってあった掲示板で、確か進学が決まっている学校のリストのような物が貼ってありました。

たまたま傍に居た女子(同じ委員会でした)が「私が何処に入った(合格した)か判る?」って聞いてきました。

私は予備知識(噂とかそういったもの)も全く無かったのですが、なんとなく?と言うか変な確信?で相手の目の奥を視る事にしました。(ってか、やりました?)

そうして「入った」状態で視ていると「(あ~この子は介護系に進むな~)」と解りました。
(何故解るの?とか聞かないでね?)

私は「これ?」と表の中から介護(看護)系の名前を冠した学校を指さしました。彼女は「違う」と一言。

「じゃあコレだ!」あと一つしかない介護(看護)系の学校を自信満々で指さしました。

「・・・当たり」

私は何となく「(やばい・・・)」と想い、早々に立ち去ろうと歩き出すと、その彼女は追いかけてきて

「なんで判ったの!?」と、聞いてきます。

私は「なんとなく、そういう事が解っちゃう人なんだよ。」と(マジで)答えると

「ふ~ん・・・」と、なんとなくはぐらかされているんだな~と想っているのが伝わってきます。


・・・まあ、そんだけ。

近年、廊下を歩いていて人とすれ違うと、必ずと言っていいほど目を反らされます。
(私が目を反らさないタイプなのが悪いのか???)(管理をしていると監視グセが付いて、無意識に相手の目を視るようになっているのかも知れません)

誰でも、目を合わせていると何故か気まずくなるのは有ると思うので、最近は極力前だけを観るか、目線を伏せ目がちで歩くことが増えました。

スタジオ館内に居る人は、基本的には御客様なのですから、わざわざ気まずくさせる事もないですからね~。

その代わり、挙動をよく視ています。で、何か不審な動きをしている人を見かけたら・・・

( ̄ー ̄)「何かお探しですか?」

と、聞くようにしています。

コメント(10) TOP
Categorieお客様の心理

 |TOP