--’--.--・--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- - TOP
Categorieスポンサー広告

2010’09.08・Wed

伝える事!なの

本日、周りで良く観る社員の状態を鑑みるような事が有りました。

今までの我々の常識からすると不思議な事なのかも知れません。


有る機材を隣のスタジオから、有る番組に貸し出しました。

貸し出す際に、スタジオスケジュールを調べて、
この機材は何時何時まで使える(今週の収録いっぱいまで使える)と伝えました。

処が本日、いざ他スタッフが入ると、誰も彼もが
「この機材は何時まで使えるのでしょうか?」
と聞いてきます。

(; ゚ ロ゚)ナン!( ; ロ゚)゚ デス!!( ; ロ)゚ ゚トー!!!



(*゜o゜)ノ おおおおぉぉぉぉ~いぃぃ!!! 打ち合わせしなかったっけか~????

と、言う状況です。
(全員に聞かれると言う事は、先に聞きに来た人も他には伝えていないって事ですな・・)


打ち合わせした本人は伝え忘れていた事を認識したので、ことさら追及することはないのですが、
色々な面で「伝達すべき相手は誰なのか?」が判らなくなりつつ有るのだろうなぁ?

と、感じました。


不足分機材を揃えられた時点で、本人が安心してしまい情報伝達を忘れてしまった様子です。

これはウチの先代社長が危惧していた「社員100人の壁」のような気がしています。


口頭で全員に伝え回る訳にも行かず、かといって伝えるシステム(決まり)が確立されている訳でも無い。

非常に中途半端な状態で全員の意思統一が出来辛い状況なのだろうと察しました。


各「部署」での意思疎通、
各「チーム」での意思疎通、
各「番組」での意思疎通、そして
各「会社」としての意思疎通。
(重ねて言うなら、「社会」としての意思疎通まで行き着きます)


大は小を兼ねると言いますが、最小単位が崩れれば、

会社(社会)が崩れるのも有り得ると感じた次第です。


私としても、良い教訓として「情報伝達の重要性」を再認識する事が出来ました・・・



(; ̄Д ̄)<なんだ・・この真面目な記事は・・ネタは!?
スポンサーサイト

コメント(28) TOP
Categorie失敗に学ぶ

ここは世田谷区 砧のスタジオ事務所。

辿りつくためには、いつも越えねばならぬ道がある。

遥かなる山道を越え・・・

丘

何か出て来そうな雰囲気が漂う
深い渓谷を越え・・・

大河

やっとの思いで辿りついている。

砧(石で占う)と言うだけの事は有る。
毎回、辿りつけるかどうか?天のみぞ知る。と、言う感じだ。

((((;゜Д゜))))ガクガク
よくぞ辿りつくものだ・・・













・・・・・













・・・・・とはいえ。














・・・・・
















実際にはこんなもんです。水源には間違いないけどね。

エアコンのホースが結露することで作られている純水の水です。
以前はミーちゃん(猫)が良く飲んでたなあ。
キレイだから、うまいんだろね。

大河じゃないよ~



そして、これが・・・山々か?
コケっ ε=(ノ_ _)ノ

水源が確保されているから、木々?がちゃんと生えて広がって行きます。
植物って、つおいですね♪

丘じゃないよ~

以上、ネタですわ・・・

ε=ε=ε=ε=ε=ε=ε=ε=\(;´□`)/ニゲロ~
 ...READ MORE?

コメント(214) TOP
Categorieネタ

 |TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。