--’--.--・--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- - TOP
Categorieスポンサー広告

2010’01.31・Sun

見た目の印象

貸しスタジオを管理していますと、お客様の回転は激しいです。


連続ドラマのように、ある一定期間を借りて頂けるにしても、期間中毎日というわけでもありません。

週の頭、月~水の三日間など、レギュラー曜日を決めて使われる方がほとんどです。

忙しい時期などは二番組のドラマが入れば一週間のうち七日間埋まることも良く有ります。

そうしますと、その週で番組が切り替わるごとに機材を含めたスタジオの引渡しがありますが、その際に気を付ける事があります。

それは



「機材を一定の位置にキチンと戻す」

 ということです。



貸しスタジオで撤収時の基本は「元通りに戻すこと」

どんなことでも変わらないと想いますが、借りたモノは借りた人に返す。

モノを動かしたら元の位置に戻すということですね。

長く通って頂けているお客様なら、ほとんどを元の位置に戻すことが出来るようになりますが、その日限りのお客様だと、朝(最初に動かす前)の状態などは、忙しく働いているうちに忘れてしまうものです。

元の位置に戻っていないことは、さほど重要ではありません。

それよりも、紛失していないか?故障していないか?の方が重要です。

なぜなら、次(明日)に借りるお客様に迷惑が掛かってしまうからです。

その意味での「元に戻すこと」が必要であるだけなのです。

管理側の立場としては、員数が確認出来る状態であればいいわけですね。

もっとも、キチンと戻して頂けると非常にありがたいですけどね~(^^;)

ほおっておくと、なんでもかんでもギュウギュウに、奥へ奥へと突っ込まれてしまいます。
(男性スタッフが顕著ですね。本能でしょうか?)

・・・・・

その後、「機材を一定の位置にキチンと戻す」をします。

これには色々な狙い(目的)があります。
 ...READ MORE?
スポンサーサイト

コメント(0) TOP
Categorieお客様の心理

2010’01.31・Sun

公衆便所の理論

「公衆便所の理論」 (私的理論です)

端的に言いますと、「汚い公衆便所は汚しても構わないでしょ~?」っていう心理の事です。

「赤信号、みんなで渡れば怖くない!」と揶揄されるような「右ならえ」精神に基づいた「甘え」ですよね。


誰でも前人未到な第一歩を踏み出すのは勇気が要ります。これは一般的に「悪い」とされている事でも一緒です。

高速道路のパーキングエリアにある公衆便所のように常にキレイになっていて、人目に付く処では、なかなかイタズラ書のようなものは見当たりません。

男子便所でおしっこを脇にこぼそうものなら、「やっちゃった~」って罪悪感が生まれます。
(とはいえ、それを拭いて行く人も滅多に居ませんが・・・)

そうすると、無意識に他にもそういう跡が無いか探し出します。(罪悪感から逃れる為に)

もし在る時は「・・・(ああ、他にも在った。俺だけじゃないや)」と、安心感を得て、自分が行った事を忘れます。

とはいえ、実際には罪悪感が出ている時点で悪いと認識しているはずですし(そうでなければ便器にせずとも、そこらへんにするでしょうね)安心とはいっても「自分以外にも悪い事をしている」ということに同調して自分を正当化し、自分の心を誤魔化して忘れようとしているんですね。

こんな事が積もり積もると、目に付かない公園の片隅にあるような公衆便所のようになって行きます。


きっかけは些細なことなんです。誰かがちょろっとイタズラ書きをしちゃった。ちょっとおしっここぼしちゃった。

そんなことが次の人の罪悪感を和らげる手助けをして、状況が悪化していきます。
例を出したら枚挙に暇がない(数が多すぎて、きりがない)ので割愛します。



この「公衆便所の理論」を防ぐには??意外とシンプルです。

お客様の心理を把握し、一般的に「悪い」とされる事の「第一歩目を踏み出させなければ善い」のです。

実際の公衆便所では定期的な清掃になりますが、スタジオ機材管理の観点では

○常に整理整頓している状態をお客様に魅せる(アピールする)
○ささいな汚れでも気を付けて見ておき、可能な時に清掃(良い印象を与える)

このようなことで、良い意味でお客様にプレッシャーを与えます。

●常に整頓されていると「キチンと戻さなきゃな~・・」
●常に綺麗になっていると「汚したらマズイよな~・・」

と、このような心理状態に導くことが可能です。


以上を理解した上で定期的なパトロールを行うように管理人は心がけましょう。
 ...READ MORE?

コメント(3) TOP
Categorieお客様の心理

2010’02.09・Tue

今日のお昼は

叙々苑!焼肉弁当だ~~~~~~ \(=^▽^=)/すごーい!

特に今日のはワラミでした~♪ (´Д`)ワラミ?

叙々苑 箱


これ、おいしいんだよね~ (人´∀`*)-♪

叙々苑 ハラミ


本日のゲスト出演者が、

「(禁則事項です♪)ジョージ」さんと、「(禁則事項です♪)たけし」さんだからね~

制作陣の気合の入れよう!(うぉりぃゃぁ~~~!)ってのも観えるってもんです!!

ニクイネ(肉良いね~)この♪

(;≧∀≦)⊃-☆ズビシッ

コメント(2) TOP
Categorieお客様の心理

今日も~番組の立会い~♪( ̄Д ̄ )ハハハン♪

番組収録が終わると「終わりました~!」って電話が掛かってきます。(ありがたやー!)

スタジオ管理側の立場からすると、事故も何も問題なく終わって頂けたなら、こちらとして望む事は
「本日の作業報告書」と「終わったTEL」だけです。

「立会い人」って言う者は、早い話が「おまわりさん」です。

問題が起きていないか?起きないようにパトロールするのが役目です。

ですが、四六時中視ているわけではありません。お客様の立場になってみれば解るかと想いますが、四六時中視ていられたら、それは「監視」ですよね・・(;゜Д゜)

パトロールするのは主に「事故、事件が発生しそうなポイント」に絞られます。「限る」と言うわけではありません。そこは臨機応変に。(←あまり好きな言葉ではないんですよね。発する人の思惑によっては「いいかげん」的なニュアンスを感じるモノで・・「良い加減」で在れば善いです)

映像部的なポイントは朝一の準備と終わりの撤収です。

朝一の準備段階で「全ての機器は問題無く機能しているか?」「これからの撮影に支障は無いか?」を
「お客様に確認」して頂きます。
問題が有るのか?無いのか?を判断するのはアクマで「お客様」ですからね。

私 「どうですか?問題ありませんか?」
客 「大丈夫ですよ~」

これで初めて朝の確認は終了です。(裏でキチンと全ての箇所を回りますけどね。)

・・・・・

途中に回る場合は「雨降らし」(水害)や「本火」(火災)を使うような、機器やスタジオ自体に直接的な被害が想定される場合です。
本日はスケジュール上、有りませんので、ゆったりです。 
(o_ _)o Zzzzz←(どんなに寝てても、「問題発生!呼び出しTEL」が有ると飛び起きて出動します。軍隊や消防隊と一緒ですね)

・・・・・

番組収録が終わると撤収が始まります。この際にTELして頂く訳ですが、この時、お客様によって色々なパターンが有ります。(TELが掛かってくるのが早い順に)


〇収録が終わる前に掛かってくる。
 (早めに来てもらって確認して欲しいタイプ。真面目な人に多い。TEL自体を義務として受け止めており、後から問題が発生するのを嫌がるので早めに確認してもらって、自身も早く帰りたい人に多い。)

〇収録が終わったら掛かってくる。
 (TELをすること自体は義務として受け止め、忘れない。こちらの確認作業自体は自分とは関係無いと解っていて問題が後から判明しても、その時対応すれば良し。と、責任を受け止めているタイプ。)

〇収録が終わり、撤収が全て完了してから掛かってくる。
 (TELをすること自体は義務として受け止めている。撤収は自分の責任であるから、それが終わるまでは待たせてしまうので、呼ぶのは悪いと考えてしまうタイプ。責任感が非常に強く、また他人を思い遣る事をする。こちらの確認が終わるまでは帰らない場合が多い。)

〇TELを忘れて、掛かって来ない。
 (こちらの伝え方が悪かった場合に起こる。義務と受け取ってもらえなかった為、忘れてしまう。お客様が悪いことは全く無い。極端な話、次の日に撮影、収録が無ければ翌日に確認する事で「こちらとしては問題が無い」のではあるが、もしもその日に破損、故障などの問題が有った場合は連絡が遅れる為にお客様に対しての連絡が遅れる上に事実確認が「お客様自身」に出来ない為にこちらが提示する現場検証写真等から全責任をお客様が有無を言う事無く被る結果となってしまう。)

〇TELはしない。
(他部署の立会いで見かけるが、「お客様との信頼関係」を築け無かった場合に起こる。早い話が「嫌われている」場合。もしくは問題が有った事、問題自体から逃げたいタイプ。単にメンドクサイ場合も含む。やはり、その日に破損、故障などの問題が有った場合は連絡が遅れる為にお客様に対しての連絡が遅れる上に事実確認が「お客様自身」に出来ない為にこちらが提示する現場検証写真等から全責任をお客様が有無を言う事無く被る結果となる。犯人が確定している轢き逃げに近い・・・)


・・・・・

今日は収録終わりで掛かってきました~♪ し・あ・わ・せ♪

よかったよかった♪

今日も問題無し! (*‘-^)v-☆

コメント(0) TOP
Categorieお客様の心理

2010’02.26・Fri

責任は誰にある?なの

本日は日本のキー局でもある「禁則事項です♪」さんの番組が入りました。

基本的には「番組終了時には完全撤収」し、次の番組に迷惑が掛からないように「元通りに戻す」事がスタジオの基本で在り、仁義ではあります。が、しかし!

実は明日も同じ「禁則事項です♪」さんの「別」番組が入っています。

その為に、現場スタッフには今日と変わらずに明日就いているスタッフさんも多いです。

こういう場合に「スタジオの基本」が「基本的」と言った意味が出てきます。


つまり、いくら一つの番組が終わる際は完全撤収が「決まり」だとは言え、その意味、狙い(目的)が何であるのか?と言う話なんですね。

この完全撤収をしなくては為らない理由とはひとえに

「次にスタジオを借りる人に迷惑を掛けない為」

な訳です。

管理側としては、次に入られるお客様に気持ち良く使って頂くために「撤収が不十分ならば元に戻す」ことをします。

ちょっと頭の固いタイプの管理人だと「番組が終わったんですから、元に戻して下さい!」的な事を言ってしまいます。

今回のように、同会社で同スタッフが居るのであれば「その方の責任において元に戻せる」訳ですから、そこまで厳密に「元に戻して下さい」とは言いません。

もちろん「明日もいらっしゃるのでしたら、有る程度はそのままでも問題ありませんよ?」と、暗に注意を促すことも忘れませんけれども。ヾ(´▽`;)ゝテヘヘ


明日も通しで就かれているお客様にしてみれば、苦労して元通りに戻した所で、また明日同じように出す事になるわけです。

疲れているのですから「無駄な努力」をさせた所で、

「何の意味も有りません」

管理者たるもの、「決まりごと」の本来の意味をキチンと把握し、

最低限「本当に守らなければいけない」事を行なって頂ければ、それで良いのです。

良い意味でお互いに「楽をする」ことが出来ます。


ちょっとイヤらしい話ですが、誰も損をしていないにも関わらず、この事がお客様には
「サービス」に感じることでしょう。(実際に「楽」出来ているわけですし)


「それぞれの立場での責任」を双方がキチンと把握し合うことで、このような
「相乗効果」が生まれます。



これが「商売」や「営業」で言う所の

「本来のサービス精神」

と、考えています。




こんなん、どうでしょ???らめぇ~?かなぁ?

 (  ̄д ̄;)ゞ ポリポリ

コメント(2) TOP
Categorieお客様の心理

2010’03.25・Thu

判断保留なの

今日は月一の定期検査を行ないました。

・・・

昨夜、昨日の番組終わりにて、我社のVEから(現在の番組は我社で撮影しています)

「今言われたんですが、以前補修して有ったカメラケーブルの補修個所が破れて中身が出てるんですよ。ですが、今日の報告(報告書をFAXで本社に送ります)は済んでるんですが、どうしましょうか?」

と、判断を仰がれました。

私の頭の中では・・・

〇ケーブルの予備は在る。いつでも交換可能!何故替えなかったのか?

〇今言ってくると言う事は、VEに報告すると怒られると下が判断したな?

〇今日一日、問題が起きなかったと言う事は、撮影に支障が出るほどでは無いな。

〇来週の同番組撮影まで、他番組は入らない。今日問題無かったのなら緊急性は無いな。

と、とりあえず考えられる条件を並べた上で

「それなら、来週の初日に報告書に書けば良いよ。」

と、答えました。

・・・

さて、いざ本日視てみてビックリ!

ケーブルの被覆は完全に破れ、中身が2~3センチは見えた上で、中身が飛び出し「く」の字に曲がってしまっています。

それをビニールテープでグルグル巻きにしてありました。

(;´д` )ノ いやいや、確かに今、撮影に支障はないにしてもさー・・・

「明らかにダメだろー!」

さいど・・・

「明らかにダメだろー!」

も、いっちょ・・・

「明らかにダメだろー!」ろ~ろ~ろ~(エコー)




・・・・・

(;´д` )ハアハア

いったいぜんたい、彼らの心の内はどうなっているのでしょう??

カメラケーブルの状態を人で例えるなら「内臓が飛び出してブラブラ状態」でした。


彼らも、まったくの無問題とは想っていないはずですよね。

問題が無いと想っているのなら、ビニールテープは巻きません。

つまり、応急処置をしていると言う事は、「問題では有る」と認識しています。

しかも、番組が終わってから報告すると言う事は「報告しない事は問題」とも想っているわけで。


彼らが内臓の飛び出たケーブルを目の当たりにしていても、

「今使えているならイイのだろう?」
「上からは何も言われないからイイか?」
「うわー何だこのケーブルは~!?」
「直してくれてないんだから、そのまま使えって事じゃない?」
「別に自分には関係ねーや」

って言う想いが聞こえてくるようでした。


・・・

私は、とりあえず誰が視ても「ダメ」なケーブルを保留することにしました。
来週、現場の人たちに「どう想っているのか?」を聞いてみたかったからです。

私が感じたのは、
自分の責任において「判断し、報告する」事から逃げているな~でした。


いったい、何を「恐れている」のでしょう??
「壊した」と責任を取らされるのを「恐れて」いるのか??


実際、壊したとしても会社で保証するか、番組で保証するかです。
個人に請求が及ぶはずもありません。

「上司から怒られる」事を「恐れて」いるのか?

今回の故障は明らかに「劣化」です。

上司に怒られるとしたら「報告を怠った」事くらいです。
その意味では、遅かったとしても「報告」はしているので義務は果たしています。




つまり、彼らが「恐れて」いるのは何かと言うと・・・

「判断する」事を「恐れて」いるんです。



誰かが「判断」してくれるのを待っているのです。

自分自身の「判断を保留」しているのです。



・・・

使っているのは「あなた」達だよ?

「あなた」がそれでイイのなら、問題は無いんだよ?

でもさ、「明らかにダメ」だとは想わないかい???

「あなた」達の「判断」を聴かせてほしいな~?


と、聞いてみよう。


ま、判断保留を貫いても「私の判断」で替えさせて頂こうとは想っていますけど。

(  ̄д ̄;)ゞ ポリポリ



↓ 追記へ
 ...READ MORE?

コメント(0) TOP
Categorieお客様の心理

 |TOPBack
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。